FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灯りのススメ。

灯りのススメ・・・。
住宅の照明について少しばかり(^^
現在では店舗と見間違う様な奇抜な照明のレイアウトも常識の範囲ですよね(^^

今回は常設ではなく、アクセントとしての照明のススメです。

これはボクの経験則ですが、常設の間接照明は新築時から数年経つと、使わなくなってしまわれるお客様がほとんど。そこで照明スタンドの出番というワケです。その日の気分で置き場所を変えたりできる小ぶりの照明は置く場所を選ばず、使い勝手も良いトコロがキモですよね(^^
andon_001.jpg


自然の素材をモチーフとしたデザインで造り上げ
玄関や廊下の片隅に花や植物を飾るかの様にそっと、佇ませる・・・。

私がステンドにチャレンジするのは今回が初めて・・・。
先ずは手法を学び、工法上「出来る事」と「出来ない事」の整理からはじめて、ラフなデザインをおこし、ベテランのステンドの職人さんに造って頂きました(^.^)v

テーマは行灯(あんどん)
和紙の様な柔らかい灯りを放ってくれるホワイトの硝子に竹をあしらい、竹の息づかいを感じる事が出来るまさにワンオフに仕上がりました。さらに4面のホワイトの比率に変化を付けてもらい、色々な角度から楽しめる様なデザインにしてもらいました。

出来上がったスタンドは、明日納品です。

輸入された技術で"和"を表現。
いかがでしょうか?

スポンサーサイト

もうすぐ完成です。

昨年末に着工した案件が、もうすぐ完成します。
照明器具と造付け家具が入ると完成です♪
今回の案件はドコにいても、お子達を見守る事ができるオープンなプランニングで、仕事に家事にと忙しいママを"お家(うち)"でサポートします(^^

できあがるという事は
自分のモノではなくとも、嬉しくもあり楽しみな気持ちもあります。
その反面、世に送り出す責任が、コレからはじまるという緊張感もあります(^^

R0011155.jpg
■リビングよりママのコーナーを見る

R0011152.jpg
■たたみコーナーよりキッチンを見る

R0011162.jpg
■ママのコーナーよりリビングを見る

オープンハウンスを検討中です♪




宮田組が造る家は、お客さまとのコラボレーションです♪

設計には、じっくり時間をかけて練り上げていきます。
その成果は様々。
すぐに感じられる方もいらっしゃいますし、10年後・・・20年後の方もいらっしゃるでしょう。そんな"器"を提案し続けてまいります(^^

ホームページにもお知らせしていますとおり
"造るは一時、診るは一生"です。

お気軽にお問い合わせ下さい♪


住宅着工戸数がさらに低迷、改正建基法の施行直後下回る

景気後退の影響を受けて、住宅着工戸数が改正建築基準法の施行で落ち込んだときの水準さえも下回った。国土交通省が1月30日に発表した2008年12月の新設住宅着工戸数は、前年同月比5.8%減の8万2197戸だった。
 住宅着工戸数が前年同月比で減少したのは、08年6月以来、半年ぶりとなる。改正建基法の施行前である前々年同月との比較では23.8%減だった。

住宅のライフサイクルコスト。

我が国の木造専用住宅の平均的な寿命は30年という統計データーが、やっと出来上がってきました。建物が新築されてから、役目を終えて解体されるまでの30年間にどれくらいの費用が必要かを統計的に示したデーターがありました。この統計を利用して新築工事費が2,000万円の住宅の場合を試算してみると・・・?

新築費用(建設コスト)     2,000万円
■修繕更新費(故障などの修理費) 1,320万円
■改良修繕費(リフォームなど)  1,016万円
■光熱運用費(冷暖房費、電気代など)762万円
       合   計     5,098万円

年間あたり平均 約170万円(30年)
月あたり平均  約14万円 (30年)
となります。さらに50年使えたらさらにお得になるハズですよね。
また、光熱運用費を10%削減できたら年間で2.5万円おトクになります。
マイホームを検討されている方がいらっしゃれば、参考にしてみてはいかがでしょうか?


tag : 新築 増改築 設計 施工 佐賀 建築士 Vectorworks ガーデニング 宮田組 リフォーム

軍艦島

長崎県は高島町にある端島(はしま)という無人島というより、当初は岩礁だったらしいのですが、明治初年に石炭を掘るために開かれ、掘ったボタで埋め立てて拡張を繰り返し、最盛時には5000人もの人口を収容するRC造(鉄筋コンクリート造)のアパートが増築を繰り返し、過密都市として繁栄していたそうです。対岸からみれば、あたかも軍艦のような姿をしていたのが由来で、「軍艦島」と俗称がつけられています。1974年に閉山し、その後は廃墟となっています。

島の周長1.2kmという狭小な敷地にに111もの施設が建てられ、学校・派出所・福利厚生施設まで完備された島は、当時の盛況ぶりは容易に推察できます。日本の近代建築歴史のなかでも古い高層建築物の一つで、1916年(大正5年)以降からは,高層鉄筋アパートが次々に建てらていたとの事ですから、築90年・・・・ですねー。日本国内で同時期に建った有名な建物は「東京駅」や「大阪市公会堂」が挙げられますね。
hashima5.jpg
これと比較して、現在のRC造の設計は、通常耐用年数を25~35年程度さらに、調査や補強をして、さらに15年の合計で50年ぐらいが、寿命の目安とされています。また、建築基準法が公布されたのが昭和24年ですから、強度に対する根拠や基準が確率されいない時期の建物で、建築基準法公布からさかのぼる事50年も前にできた建築物なのです。
それが、現在も朽ち果てはしながらも存在し続けるという事は、スゴぃ事だと私は捉えています。
あの島は、RC造の終末に近付く「過程」がリアルに見てとれるハズです。建築強度や寿命の実証、そして検証物件であると私は位置づけています。探究心をくすぐります・・・・・(^^;

tag : 新築 増改築 設計 施工 佐賀 建築士 Vectorworks ガーデニング 宮田組 リフォーム

プロフィール

oyakata

Author:oyakata
佐賀市で大正二年に創業して以来、建築と取り組み設計から施工までお客様の多様な要望に柔軟に応え、出来上がるまでのプロセスを大事にする小さな建築屋です。

"westfishcraft"は
宮田組のプラベートブランドネームです。歴史ある古い街並みの残るこの場所で、ずっと、お客様をサポートしていきたという私どもの"ささやかな願い"をこめて名付けました。

What's News ♪
カテゴリ
Link
子供へのまなざし運動♪
Mailはコチラから♪
ポストアイコンの"SEND MAIL"をCLickしてください(^^
No Music No Life ♪
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ボクノ本棚
Booklog



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。